タグ:スウェーデンの伝統行事 ( 9 ) タグの人気記事

a0346870_05555033.jpg

チェスと言えば、『相棒』の右京さんを思い出します。


今日は、息子のチェスの個人決勝戦でした。市役所の赤の間で、熱い戦いが繰り広げられました。


スウェーデンでは全国の小学4年生が参加するチェスの大会があります。


a0346870_05584385.jpg


息子が一年生のときに、チェスクラブができました。週に一度、市のチェスクラブの人が学校に来てくれます。
このときは、希望者のみの参加でした。

そして、4年生ではクラス単位で全員参加で、地域の予選がありました。
息子のクラスは市の大会へ進み、その後県大会、6月には全国大会に出場します。

クラス対抗ですが、個人の得点も発表されます。そして、このときに個人の得点上位36人が
市の王者決定戦に招待されました。

a0346870_05574492.jpg

参加することに意義がある!もうここまで来たら、絶対勝つとかプレッシャーを感じずに、楽しんでほしい・・・そう思ってました。
でも、得点が張り出されるので、どうしても気にしてしまいます。

息子は6位に食い込み、大健闘しましたが、あと一歩というところで得点が足らず
全国大会には進めませんでした。


やっぱり諦めなくてよかった!


a0346870_05570049.jpg


息子がチェスを始めてから、2,3か月くらい経ったときに、チェスは楽しいかと息子に聞いたら
「負けてばかりだから、楽しくない。やめたい」との返事。

チェスが始まってすぐに風邪をひいて学校を休んだりしたからなぁ・・・
出遅れちゃったかな・・・といろいろ考えながらも、アドバイスしたくても、私がルールすら知らないので困りました。

話を聞くと、チェスおばさん(失礼な!先生でしょ!)はずっと座ってみてるだけで、指導はしてくれないとのこと。
子どもたちがもくもくと対戦してるんだそうです。
でも、ルールブックはくれたそうで、じゃぁそれを一緒に読もう!と
二人で、チェスの練習をしました。

Ipadでチェスのゲームをしながら、二人でルールを覚えました。


そして、次のチェスクラブの日。もう一度だけがんばっておいで!どうしも、どうしても、嫌ならやめてもいいよ。と送り出しました。
学校から帰ってきた息子は、すっごい笑顔で、「勝った!面白かった!」だって。

それ以来、うちにお客さんがくるとチェスの勝負を挑むほど、息子はチェスにのめり込みました。
私は、息子相手に一度も勝ったことがありません。

「負けてばかりだから、面白くない。もうやめる」・・・気持ちはわかります。でもやめることが簡単だけれど、
歯を食いしばって頑張ってみる。この勇気、なかなか持てませんよね。
親としても、どこまでプッシュしていいのか悩むところです。

でも、あの時もう一度だけ!と参加したクラブで、成果がでた。そしてチェスを好きになった。
なんか、本当によかったなと思います。

息子の大きな自信に繋がったなと思います。全国大会は残念だけれど、クラス対抗の全国大会があります。
気持ちを切りかえて、頑張ってほしいです。





******


Sumai日刊すまい
もっと、くらしにHappyを!
公式ライターとして執筆中!


instagramでスウェーデンの日々を発信中。


ランキングに参加しています。
クリックお願いします!






[PR]
by MakiMakiMacci2M | 2017-05-22 06:54 | スウェーデン子育て | Trackback | Comments(0)

a0346870_02242189.jpg

12月になりましたね。うちのなかは、ジンジャーブレッドクッキーの香りでいっぱいです。
スウェーデン語では、pepparkakaペッパーカッカ(こしょうクッキー)と呼びますが
なぜ、ジンジャーブレッドなんでしょうね。ジンジャークッキーでもいいんじゃないかな。


第一アドベントの日、ジンジャーブレッドハウス作りました。


a0346870_23221064.jpg



スウェーデンでは、クリスマスからさかのぼって4週前の日曜日を第一アドベントとします。たいてい11月の終わりから12月の初めの日曜日になるのですが
この日に、どの家庭もクリスマスの飾りつけをします。

ウチは、ジンジャーブレッドハウスをつくりました。イルミネーションはほとんどなしです。

簡単にできる、ジンジャーブレッドハウス!

a0346870_23223246.jpg

今年は、ジンジャーブレッドハウス買いました。

ブログの検索ワードで

ジンジャーブレッドハウス まっきーでも できる


というのがありまして、ぷっと笑ってしまいました。私でも、できる?

ええ、ええ、不器用ですよ!と開き直り
まっきーでも できるジンジャーブレッドハウスご紹介します。


まっきーでも できる!?ジンジャーブレッドハウス


a0346870_23222874.jpg

ジンジャーブレッドといえば、ANNASアンナさんの・・・というが有名です。息子が描いた絵をもとにマインクラフト風の建物や、むーみんハウス風を作ったこともありました。



今年は手抜きで、焼いてあるものを買いました。
あけるとこんな感じ↑。割れていたら、ショックですが、ハウスを組み立てるときに使うとかした砂糖でくっつけます。

ゴム手おすすめします。


砂糖を火にかけて溶かし、クッキーをくっつけます。かなり熱いので、子供はNGです!
はみ出すくらいに、たっぷり目に砂糖を溶かした液をつけます。垂れて扱いにくいので、初心者の方はゴム手袋したらいいかもしれません。

コツは、実際に溶かした砂糖液をつけるまえに、組み立てる順序を考えます。実際にクッキーを手にもって、こことここをくっつける・・・とやってみるといいですよ。
そして、溶かした砂糖液を最短距離で移動させるのも大切です。砂糖が固まってきたらまた火にかければいいので、ゆっくり!ゆっくり!

ハウスが完成したら、ここからは息子にまかせます。

アイシング用の砂糖200グラムと卵白一個分を合わせます。お菓子を飾り付けてできあがり!

a0346870_23222108.jpg


a0346870_23221630.jpg


クリスマスが終わるまで、飾っておきます。


a0346870_23221064.jpg

スウェーデンでは、なんと年を明けて1月の13日をクリスマスの終わりとしていて、この日にツリーなど片付けます。




ウチも、ジンジャーブレッドハウスはこの日まで、ずっと飾っておきます。
とてもいい香りがするんですよ。でも、ずっと飾ってあるので埃をかぶっているので、このハウスは食べません。


ジンジャーブレッドハウス、あれこれ。


不器用な私は、こんな風に簡単に作りましたが
毎年、自分で設計図を引き、組み立て、デコレーションするというツワモノさんもいらっしゃいます。

有名な建築物を再現したりと、びっくりするほどすごいんです。12月にはあちこちの博物館などで展示をしているので
探してみるとおもしろいかもしれません。

スウェーデンの乳製品をあつかうメーカーがこんなのを提案しています。


******


ランキングに参加しています。
クリックお願いします!



instagramでスウェーデンの日々を発信中。

Sumai日刊すまい
もっと、くらしにHappyを!
公式ライターとして執筆中!

[PR]
by MakiMakiMacci2M | 2016-12-05 16:34 | *スウェーデンの伝統* | Trackback | Comments(2)

ザリガニパーティ

こんにちは!マッキーです。

すっかり朝晩冷えるようになりました。朝はマフラー、手袋、帽子を身につけて通勤してます。
9月に毎年しているお友達とのザリガニパーティ。外でのパーティなので寒すぎるかな・・・と心配しましたが
無事に開催できましたー。

a0346870_12314325.jpg


毎年恒例のザリガニパーティやりました。


毎年8月にザリガニ漁が解禁になると、知り合いの漁師さんからザリガニを買って茹でます。主人がザリガニが大好きで、スーパーで買うのでは満足できず
レシピをいろいろ試して、自分で茹でています。どんだけ好きなの???

ザリガニパーティは外でするのが定番。今年は、私たちのコテージでやりました。

a0346870_12302476.jpg

大きなスーパーで友達と待ち合わせ。
このスーパーの中に、スタバがあるんです。最近できたんですが、スタバはこの街に一つしかありません。
パパさんたちがビール買っている間、息子とポケモンしながら、スタバでリラックス。

a0346870_06172785.jpg

a0346870_06172176.jpg

スーパーでサラダやパン、ドリンクを買ってコテージに到着。
ザリガニパーティは、ザリガニを食べるのが目的なので、お料理を用意しなくていいのでとっても楽。
ちょっとしたサラダやチーズ、パンを用意するだけ。

a0346870_12323995.jpg

a0346870_06270486.jpg

a0346870_06271084.jpg

a0346870_12315300.jpg

かんぱーい!

この日、めでたくこの小屋の鍵を受け取りました。水道がなく、農家の休憩小屋だったシンプルなこの小屋が
私たちの隠れ家になります。




******

このブログ内の画像の無断使用を禁止します。



ランキングに参加しています。
クリックお願いします!



Sumai日刊すまい
もっと、くらしにHappyを!
公式ライターとして執筆中!

[PR]
by MakiMakiMacci2M | 2016-10-02 06:43 | スウェーデンの伝統 | Trackback | Comments(0)
ヘイサンHejsan! こんにちは!

ザリガニ大好きな主人の大切な行事。今日はザリガニを茹でます!
ちょっと気持ち悪いですか?

スウェーデンではザリガニってすごく人気で、ザリガニパーティもスウェーデンを語るにはかかせないので、おつきあいくださいね。

a0346870_06542113.jpg


*材料はこちら!*

a0346870_06580916.jpg
大量のディル(スウェーデン語では、Krondill よくお料理に使うディルとは少し違います)
砂糖
ビール

たぶん、ディルとビールが生臭いのを取ってくれるんだと思います。

a0346870_06562997.jpg
a0346870_06571717.jpg


綺麗で、かわいいですね。
このクロンディルをはさみで切って、準備。
ザリガニを1キロずつ茹でるので、まずは計量して、茹でますよー!


*下茹でします *

a0346870_06575317.jpg
お湯をたっぷり沸かして、1分茹でます。
こうすると汚れがでてくるそうです。
2-3度茹でたら、お水を取り替えます。


*さて、茹でますよ~*


a0346870_06561696.jpg
ビール、塩、砂糖、ディルを入れて沸騰させたら、下茹でしたザリガニを投入!
蓋をして、10分茹でます。

a0346870_06550160.jpg
a0346870_06550878.jpg

a0346870_06355990.jpg
綺麗に茹で上がりました~
いい色になりました。

ビールのいい香り


長くなったので、後編につづきます。





Love, Macci


*******


ランキングに参加しています。
クリックお願いします。
↓↓↓



Sumai日刊すまい
もっと、くらしにHappayを!
公式ライターとして執筆中!




Instagramも更新中。Macky@makimakimacci






[PR]
by MakiMakiMacci2M | 2016-08-23 00:00 | *スウェーデン料理 | Trackback | Comments(2)
ヘイサンHejsan! こんにちは!

日本語で入力したら
「兵さん」って変換されました。兵さんって誰よ・・・

新学期が始まり、天気も悪いし・・・もうすっかり夏気分はふっとんじゃいました。
でも、8月と言えば、ザリガニ漁解禁!それだけで、スウェーデン人はみんなうきうきしています。

ウチも、ザリガニ大好きな主人がそわそわと準備してまして・・・


じゃーん!

a0346870_06580432.jpg

イェルマレン湖の近くに住んでいる漁師さんからザリガニを買いました。
今年は10キロ!毎年一緒にザリガニを料理しているザリガニ大好きな、ザリ友と5キロずつ。

5キロってすっごい量ですよ。

a0346870_06523127.jpg


a0346870_06570144.jpg


茹で上がったザリガニ。

a0346870_06573320.jpg

a0346870_06563609.jpg

おいしそうな香りが家中に広がりました。
キッチンはめちゃくちゃ。

4時間もかけて、11キロ(漁師さんがおまけに1キロも!)のザリガニを茹でました。
毎年のザリ友との伝統行事になってます。




みなさん、よい週末を♪





*******

ランキングに参加しています。
クリックお願いいたします!
↓↓↓


*******

Sumai日刊すまい
もっと、くらしにHappyを!
公式ライターとして執筆中!


*******

Instagramやってます。
Macky@makimakimacci


[PR]
by MakiMakiMacci2M | 2016-08-20 08:43 | *スウェーデン料理 | Trackback | Comments(0)
a0346870_05274803.jpg

6月15日はスウェーデンの小学校の終業式。
8月18日までの長い夏休みの始まりです。



スウェーデンの終業式は保護者参加OK!

まずはそれぞれの教室で、一年のしめくくり。
先生が用意してくれたお菓子を食べながらスライドショーを見て一年を振り返りました。

1人ずつ、先生とハグをして挨拶です。息子は8月から4年生。
教師の資格が低学年(0年生~3年生)中学年(4~6年生)高学年(7~9年生)とわかれているので、これで4年間お世話になった先生とお別れです。


a0346870_05593050.jpg

先生が生徒たちに一本ずつ薔薇の花をくれました。
先生、泣きそうな顔をしながらも最後まで、忙しく子供たちの相手をしてくださってました。

保護者からのプレゼントを先生に渡して、外へ。


スウェーデンの終業式は歌で楽しく♪

ぞろぞろと生徒や親が集まってきました。
学校の裏庭。このすぐ後ろは小高い丘。冬はそり遊びをします。この日は保護者でいっぱい。

a0346870_05594195.jpg

a0346870_05594673.jpg

歌を歌ったり、ギターの演奏やダンスをして
なんだか発表会みたいですが、みな楽しく笑顔です。

スウェーデン人、機会があるごとに歌を歌います。とっても歌が好きな国民なんですね。
そして、校長先生のお話。

a0346870_05595142.jpg

やはり、スウェーデンにもあります。校長のお話。
先生がもっているLOVというのは、休みという意味です。
ちなみに発音は、ロヴ。

LOVとはいったい何だろう・・・ユーモアあふれる説明でした。
たくさん、遊んで、たくさんなまけて、たくさん冒険しなさい・・・こんな内容でした。


うれしいがとまらない!

校長先生が持っているのはスウェーデンカラーの風船。
そして、今年は特別になにか音のでるものを持ってます。サッカーの欧州選手権(っていうんですか?スウェーデンではEMって言ってます)スウェーデンの試合が控えているので、みんなで応援しました。


a0346870_05274414.jpg

a0346870_05274803.jpg

毎年恒例の、みんなで「ローヴ!」と叫んで風船を飛ばします。もう朝早く起きなくてもいいし、宿題はないし・・・と子供たちはとってもうれしそうです。

風船には手紙がつけてあり、「私たちは○○市の○○学校です。どこでこれを見つけましたか?連絡ください」とあります。

今年はどこまで飛んでいくのでしょうか?

a0346870_05275497.jpg


*******

ランキングに参加しています。
クリックお願いいたします!
↓↓↓


*******

Sumai日刊すまい
もっと、くらしにHappyを!
公式ライターとして執筆中!


*******

Instagramやってます。
Macky@makimakimacci


[PR]
by MakiMakiMacci2M | 2016-06-30 15:08 | *スウェーデン子育て | Trackback | Comments(0)
6月6日スウェーデン国家の日。街のあちこちで、音楽やダンスのイベントがあります。
メインのイベントは、街の中心にある大きな公園で行われます。

民族衣装を着たスウェーデンのフォークダンスの会の発表です。私はこのダンスを見るのがいつも楽しみです。
民族衣装の色やデザインは出身の地方によって違います。エキスパートは衣装を見てその人の出身地がぱっとわかるそうです。

a0346870_23065470.jpg

a0346870_23070056.jpg

a0346870_23070846.jpg

どの人も長袖で、しかもベストやショール、エプロンなどしています。スウェーデンは昔から夏でもそんなに気温があがらなかったんですよ。
だから夏の衣装も冬の衣装も一緒。でもこの日は暑かったので、大変だっただろうなぁ。

最後に観客も参加して、みなで踊ります。息子も学校でフォークダンスは習ったので、踊れるのですが「嫌だ!」と拒否。

ちなみに写真の後ろに見える黄色い衣装の人たちはタイ人のダンスの会に人たち。スウェーデンの国家の日にタイのダンスの披露?とつっこみたくなりますが、
スウェーデン人×タイ人というカップルはすごく多いので、それも今のスウェーデンなのかな。

*******

毎年、この国家の日は天候に恵まれます。ピクニックシートを持って家族で芝生にごろん!
音楽やダンスを聞きながら、お弁当を食べるのがいい気持ちです。

a0346870_23062435.jpg

私たちの隣に(赤いチェックのピクニックシートの)男性が一人座っていました。しばらくして男の子がやってきたら、息子のバイオリンのお友達でした。
パパさんにはこの日初めてお会いしました。

で、お弁当やお菓子をわけあって、わいわいと。そしたら、息子の前に座っている全く知らない子が「僕もちょうだい」アピール。すごかった。
息子のなめているアイスクリームをくれとか・・・ちょっとそれは・・・ごめん。
パパさんの気づかないふりもすごかった。参ったわ。

この日のイベントのフィナーレは、街が誇るオーケストラ、シンフォニエッタの演奏。
ずっと向こうのステージで、息子の先生がいます。

a0346870_23063356.jpg


a0346870_23063927.jpg
ゲストは街のちょい有名人、フレディ アミーゴ。見た目としゃべり方がおもしろい(失礼!)んですが、歌いだしたらみな吸い込まれる、美声の持ち主です。

看護師か介護士さんとして働いていて、テレビのオーディション番組にでてブレークしました。今では、病気の人を訪問したりすばらしい活動をしています。

身寄りがなく、余命いくばくもないという人がフレディに会いたいと懇願して、フレディが駆け付けてなんとか最初で最後の挨拶ができたという話も聞きました。
この人のすごいところは、そういう悲しく辛い場面にも飛び込んでいくところ。その話を「悲しい」とは言わず、「最後に会えてよかった。光栄です。」とすごく包容力がある。背はちっちゃいけれど、大きな人間です。

明るく楽しい国家の日。スウェーデンの旗もあちこちにあり
にぎやかなお祭り気分の一日でした。


*******

ランキングに参加しています。
クリックお願いいたします!
↓↓↓


*******

Sumai日刊すまい
もっと、くらしにHappyを!
公式ライターとして執筆中!


*******

Instagramやってます。
Macky@makimakimacci


[PR]
by MakiMakiMacci2M | 2016-06-28 15:10 | おでかけ | Trackback | Comments(0)
a0346870_13593608.jpg

2月も最後の日になりました。息子とパパはこれから一週間スポーツ休みです。
スキーやスケートに適したこの時期にスポーツをたっぷりと楽しめるように・・・との休みです。

a0346870_13594494.jpg


a0346870_13594965.jpg
去年の今頃は、まったく雪がなくて、予定していたスキーもキャンセル。
電車に乗ってストックホルムにでかけました。ヴァーサ博物館に行きました。

今年の休みは・・・私は「スポーツ習慣?そんなんかんけーねー」と仕事です。パパはせっかくの休みだからか、のんびりしたいみたいで全く計画なんて立ててません。

昨日、お友達からスキーのお誘いがありましたが、息子が咳をしているので今回はスポーツどころか安静習慣になりそうです。なんかパパもだらだらしたいオーラいっぱいなので。

スポーツ習慣らしいことと言えば・・・
昨日の日曜日は息子のフロアーボールの試合でした。

a0346870_13404526.jpg


a0346870_13403997.jpg

選手たちはとっても頑張って一点差で勝ったのですが、すごくラフなプレーをする相手にあたりました。見ている私たちにも子供たちのイライラが伝わってきました。

審判は、15歳くらいの審判の研修を受けている子供がしています。だから、見習い中なんですよね。でもそれでもあまりにもだめすぎた!

激しいスポーツなのはわかっているので、誰もぶつかったり、どつかれたりしても文句はいいません。でも、できるかぎりクリーンに!わざとぶつからなくてもいいでしょう??

勝っても負けても後味の悪い試合でした。

2016年が始まって2か月終わりました。たった2か月、でもたくさんのことがありました。
落ち込んで、まだ少し引きずっていますが

3月は息子の誕生日もあります。ロンドンにも行きます。

気持ちを切り替えて、3月、かかってこんかい!




*******

ランキングに参加しています。
クリックお願いいたします!
↓↓↓


*******

Sumai日刊すまい
もっと、くらしにHappyを!
公式ライターとして執筆中!


*******

Instagramやってます。
Macky@makimakimacci


[PR]
by MakiMakiMacci2M | 2016-02-29 14:27 | 日記 | Trackback | Comments(1)
a0346870_19101228.jpg

アーモンドペーストと生クリームたっぷり



セムラを食べる日


イースターから47日前の火曜日をスウェーデンでは、セムラの日としています。
アーモンドペーストと生クリームたっぷりのパンを食べるのです。

昔は、この日から復活祭まで肉を食べない習慣があったので、この日カロリーたっぷりのセムラを食べて体力をつけたそうです。でも、今は毎週火曜日にセムラを食べるんですよ。

カフェ、パン屋さん、スーパーなど、いろんなところにそれぞれ自慢のセムラが並びます。


息子が手作りしました。



パンを切り、蓋をつくります。中をくりぬいて、アーモンドペースト、くり抜いたパン、牛乳を混ぜます。アーモンドペーストをパンに詰めます。

a0346870_19091927.jpg

ホイップした生クリームをたっぷりとのせて、パンの蓋をします。


a0346870_19093280.jpg

パウダーシュガーをふりかけて、できあがり!

a0346870_19093962.jpg

a0346870_19095060.jpg

どうぞ~!美味しいですよ!


不器用な私のシンプル家事


旦那のおばあちゃんは、自他ともに認める手作り大好きさんでした。ご近所さんや親せきからムンクおばさんと呼ばれていたんですよ。ムンクとはスウェーデン語でドーナツの意味です。

旦那は子供のころ、おやつと言えばおばあちゃんが作ったドーナツやシナモンロール。大人になってから初めて、お店で買ったおやつを食べたそうです。
そんな家に嫁いだ嫁(私)は、ベーキング苦手。

何度も失敗したし、モティベーション下がるし。
「どれもこれも、手作りできません!」開き直りました。

まずは、最初の一歩!一つに絞る!
それでチョコレートケーキを何度が焼いてみて、それ以外は、まぁいいかと。

手抜きですが、お店でパンを買ってます。このセムラのパンも買いました。
パンを焼く作業がないので、作業はとっても楽。9歳の息子が一人で作れます。

パンも焼いてみたいけれど、その後の片付けの時間や体力がない・・・無理せずに、手を抜けるところはじゃんじゃん手を抜いてこ。


*******

ランキングに参加しています。
クリックお願いいたします!
↓↓↓


*******

Sumai日刊すまい
もっと、くらしにHappyを!
公式ライターとして執筆中!


*******

Instagramやってます。
Macky@makimakimacci


[PR]
by MakiMakiMacci2M | 2016-02-15 20:00 | スウェーデンのスイーツ | Trackback | Comments(1)

家づくりやアウトドア、手作りで楽しむ記録


by MakiMakiMacci2M