<   2017年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

a0346870_07084112.jpg


4月は本当に、たくさんの涙を流した。
仕事に行くのが苦痛で、通勤途中でいつもお腹が痛くなった。
職場のドアを開けるの前、うぇっと吐きそうになりながら大きく息を吸い込んで
がんばれ!がんばれ!がんばれ!と言い聞かせて、歯を食いしばった。

2年間、同僚Aからひどい仕打ちを受けてきた。もともと、強い性格の持ち主で、自分が正しいと強い自信を持ってて
ミスをした同僚には、罵声を浴びせる。ミスじゃなくても、彼女の早とちりということもよくあるし
彼女と異なる意見を持つ人に対しても容赦ない。

とにかく、言い方がキツイ。
大声で、怒鳴る。

彼女に抗議して、激しい言い合いになって、結局は職場をやめた同僚が3人いる。
私はその3人と仲がよかったから、一人彼女のターゲットとして残された感じ。それが2年前。

耐えられなくなって、上司に「職場をかわりたい」とメールした。
他の職場にあきがあったので、すぐに異動が決まった。

夏休みに申請もしたし、異動は夏休み明けかな・・・と思っていたら
5月1日から。びっくりしたけれど、ほっとした。

異動が決まってから、彼女とはまったく顔を合わせていない。気持ちがずいぶん軽くなった。
新しい職場については、不安もあるけれど、今の職場を離れられる安心感の方が大きくて気にならない。

5月から、またがんばろうと思う。



******


ランキングに参加しています。
クリックお願いします!



instagramでスウェーデンの日々を発信中。

Sumai日刊すまい
もっと、くらしにHappyを!
公式ライターとして執筆中!

[PR]
by MakiMakiMacci2M | 2017-04-29 03:46 | *私のお仕事・発達障害児のための環境作り | Trackback | Comments(0)
a0346870_04252789.jpg

息子の習い事に付き添って街まで行ってきた。
眠くって、座って待ってるのは無理!ちょっと外へ散歩にでた。
コーヒーでも飲もうかと思ったけど、息子が終わったら一緒にアイスでもたべよ、と公園をぐるぐると散策。
池に木が映って、写真のどっちが上なのかわからないくらい。


スウェーデン男子の習い事。


a0346870_04255749.jpg

子どものためのプログラミングのコース、プログラミングなんて難しくないのかなーと心配したけど
時々笑い声が聞こえてきたり、真剣な顔して、手をあげたり。がんばってるなー。

息子の習い事は、11歳の今はバイオリンとフロアーボールだけ。
「だけ」って言っても、結構大変。

月曜はバイオリンの個人レッスン
火曜はオーケストラ、その後グループレッスン(フロアーボールの練習と重なってる)
木曜はフロアーボール
週末に、フロアーボールの試合

といった感じ。音楽論のクラスが火曜日の3時からあるんだけど、一時間休憩してオーケストラ、その後グループ
で7時過ぎまで・・・キツイなぁ。音楽嫌いになりそう。
レッスンはうけず、自分たちでぼちぼちとやってます。先生は不満そうだけど。

フロアーボールは、冬の間だけで、息子がとっても力を入れてるんで、グループよりも優先してる。



モノより思い出!


プログラミングが終わって、二人でバスで帰るだけど、ちょっと寄り道してアイスでも食べよー。
まだ、寒いからソフトクリームはあまり売ってない。IKEA行けば一年中売ってるけど。街中ではほとんどみない。

コンビニで、アイスを一つずつ買った。息子がオレオも捨てがたい・・・っていうんで
じゃぁママがオレオ買うから、ちょっと味見していいよ。

「うん、ちょっとだけちょうだいね」って、息子。

a0346870_04245756.jpg

まだ、一口も食べてない私のもとに、やっときたアイスは、こんな状態。
僕とママ、オレオ好きだよねー。だって。

a0346870_04242734.jpg


私は、4人兄弟の上から二番目。私の下は、弟二人。
母は、私から見ると「女とはこうあるべき」みたいなちょっと古い考えを持ってる。
父は全く家事をしなかったし、弟二人もお手伝いなんてほとんどしたことがない。

兄弟でテレビを見てても「まっきー、お醤油ないから買ってきて!」「食事の準備手伝いなさい!」
そんなんはいつも私。親戚のおばさんたちは、「まっきーばっかりやなー。でも、きっと頼みやすいんよ」って言ってくれたけど。
私は、正直「なんでいつも私ばかり・・・」とひねくれていた。

若いころは、母とたくさん衝突した。「なんて、私ばかり」というのが口癖で、母が「それは被害妄想!」とよくケンカした。

でも25を超えたことかな、母の価値観ってかわらんだろうなと思うようになった。
家事をしない父を支えて、パートしながらも4人の子育てして、大変なことをずっとやってきたからさ、誰にも頼らず。
強い信念を持ってる感じ。私が「男女平等」とか言っても、「何ゆーてるの!」ってまったく相手にされなかった。

でも、母のことは好き。
買い物に行くときは、いつも「おいで」と連れて行ってくれて、時々、他の兄弟には内緒でスーパーのアイスクリームを買ってくれた。
アイスクリームを買ってもらったこともうれしかったけれど、母と一緒に歩いてスーパーに行くのはとってもうれしかった。ったことが私だけの思い出になった。
私だけ、特別と感じられた瞬間。

きっと、私の知らないところで他の兄弟と特別な時間を過ごしていたんだろうけれど。


だから、ずっと私も結婚したら子どもは4人欲しいと思っていたし、4人それぞれ特別な思い出を作りたいと思ってた。
残念ながら、1人しか子どもを持たなかったので、私の愛情すべて息子に向かってて、時々暑苦しいだろうなと思う。

でも、息子とこうやって寄り道してアイスクリームを食べるというのはきっと、息子にとっていい思い出になるだろうな・・・と思ってる。



******


ランキングに参加しています。
クリックお願いします!



instagramでスウェーデンの日々を発信中。

Sumai日刊すまい
もっと、くらしにHappyを!
公式ライターとして執筆中!

[PR]
by MakiMakiMacci2M | 2017-04-22 07:02 | *スウェーデン子育て* | Trackback | Comments(0)
a0346870_22200418.jpg

おはようございます!
イースター休みが終わって、今日から平常営業開始です。息子のおやつに、バニラロールを解凍しています。
休み明けの学校は、お友達と会えて嬉しいだろうけれど、朝学校へ行く前はやっぱり緊張していました。疲れるだろうから、いつもよりもちょっと豪華なおやつでお出迎え。

私は久しぶりの休みでした。職場の経費削減対策で、シフトの希望が受け入れられないようになってしまいました。
3日しか働かない週もあれば、1日しか休みがない週が2週続いたり・・・休み前になると体力も限界に達します。今日は、早起きはお休みして、ギリギリまでたっぷり寝ました。


バニラロールは冷凍保存しています。


a0346870_21260738.jpg

昨日焼いたバニラロースですが、冷めたらフリーザーバックに入れて冷凍庫で保存しています。ストローで空気を吸いだしてます。吸いだしている姿は人には見せられませんけど。

食べたいときに、取り出して常温で解凍するか、急ぐ時はレンジでちん!します。
急に息子のお友達が遊びに来た時やお客さんが来た時のために、冷凍庫に常備しておくと便利です。


太陽が恋しい一日でした。


今日は仕事がオフだったので、朝から洗濯機回して、庭仕事をしました。

ガーデンニングのアシスタントはこの姫。

a0346870_04331668.jpg

空が曇っていましたが、なんだか寒くって気が付くとチラチラと雪が降っました。ボニーちゃんはもくもくと草を食べていましたが、しばらくすると家のドアの前でじーっと待っています。

土を耕していたら下の方はまだ凍っていました。こんなに寒い日はガーデニングには向いてないな・・・と30分ほどで終了。


ボニーちゃんはお昼ね。



私は、ライターのお仕事をしました。
撮影をするために数日太陽を待っていたのですが、そろそろ写真をお送りする期限が近づいていたので
太陽は諦めて外で撮影しました。

家の中では暗くていい写真が撮れません。
庭のテーブルで撮影。背景が濃い色の方がいいだろうと、板を使いました。
ひいてみるとこんな感じ。

a0346870_23151027.jpg

グリルを乗せたテーブル、実は屋外用のクッションケース。主人が撮影用に板を作ってくれると申し出てくれました。
テーブルじゃなくて、板が便利。いろいろ移動できて、好きな場所に乗せて使えるかなーと。

a0346870_23164542.jpg
写真は全くの素人で、よくわからないまま撮影しています。
Iphoneのカメラで撮ることもよくあります。もうちょっと上達したいなと思います。
カメラの講座を見つけたのですがキャンセル待ちです。
秋には、早めに申し込もうと思います!

もうそろそろ雪は勘弁してほしい。
せっかくの休みでしたが、太陽が出てこなくてちょっと残念でした。



******


ランキングに参加しています。
クリックお願いします!



instagramでスウェーデンの日々を発信中。

Sumai日刊すまい
もっと、くらしにHappyを!
公式ライターとして執筆中!

[PR]
by MakiMakiMacci2M | 2017-04-19 05:11 | *私のお仕事・記事連載 | Trackback | Comments(0)
a0346870_06050913.jpg

スウェーデンの定番おやつ、シナモンロール。でも、主人も息子もシナモンがあまり好きではないので
シナモン抜きで・・・バニラロールを焼きました。

シナモンロールは、スウェーデンの定番おやつ!


どこのカフェに行っても必ずあるのが、シナモンロール。スウェーデンのシナモンロールは、アイシングのないタイプです。

a0346870_06254567.jpg

小麦粉のパッケージの裏にレシピが載っています。しかもどのメーカーの小麦粉も同じレシピ・・・
ベーキングがとても好きで上手だった姑に秘伝のレシピを聞いたら

「ほら、これよ!」と小麦粉のパッケージにあったレシピを教えてくれました。

a0346870_06323307.jpg



a0346870_06334624.jpg

バターを塗り、砂糖を振ります。ここでシナモンも入れるのですが
今日はバニラシュガーにしました。

ピザカッターで、切ってます。これが結構便利。姑に教わったシナモンロールですが
ここは私のこだわり。カットしてからくるくる巻きます。
そして中心が少し高くなるようにします。

a0346870_06343974.jpg

a0346870_06591662.jpg


a0346870_07000693.jpg


私とシナモンロールの歴史。



姑の冷凍庫にはいつもシナモンロールとバニラロールがありました。一度にたくさん焼いて、冷凍保存するのです。
もう10年以上も前、私がスウェーデンに移住してきたときパンなんて一度も焼いたことありませんでした。

友達もいないし、主人は平日は仕事でいないし。何もすることがないので
パンを焼いてみました。最初のトライは大失敗。硬くて、まったくおいしくない。
池のアヒルさんへプレゼントしました。

何度か、トライしては、失敗したのを見かねた主人が「お母さんに習ったら?」と提案してくれました。
不器用なので、何度か教えてもらってやっと、アヒルさんではなく主人やお友達に出すことができるレベルになりました。

そして、スウェーデン語の学校に通い始め、その後就職しとっても忙しくなってまったくベーキングをしない時期もありました。

息子が生まれて、ママ友がよく遊びにくるのでいつもシナモンロールを冷凍庫に準備していたり。
息子が少し大きくなったら、一緒に焼いたり。雨の日はよくベーキングしました。

そして今ではもう、息子は「ママ、自分でやって!」なんて
あまり興味を示さなくなりました。

シナモンロールを焼くときはいつも、姑を思い出します。そして、お墓参りに行くときは姑と舅に一つづつ、シナモンロールを持っていきます。

姑や舅との楽しいフィーカの思い出と、結婚して移住したときのいろいろ不安だった時期の思い出。
シナモンロールを焼くときはいつも、ちょっとセンチメンタルになります。
これからも、シナモンロールを焼いていくし、いつか孫ができたらたっぷりシナモンロールを焼いてあげたい。たぶん、息子に似たらシナモンが苦手になるだろうから、バニラロールにしようかな。




******


ランキングに参加しています。
クリックお願いします!



instagramでスウェーデンの日々を発信中。

Sumai日刊すまい
もっと、くらしにHappyを!
公式ライターとして執筆中!

[PR]
by MakiMakiMacci2M | 2017-04-17 07:12 | スイーツ | Trackback | Comments(0)
a0346870_16161686.jpg

スウェーデン全土で、ストックホルムテロの被害者の方を追悼し、黙とうしました。
息子は友達と公園で遊んでいたのですが、ちょうどお昼ごはんだし・・・息子を呼びに行きました。
4歳から12歳までの男の子たちが、公園の真ん中で円陣を組んでいました。
みなで黙とうするんだ!と15分も前から準備しています。

時間になったら静かにして目を閉じるんだぞ!と息子。
目を閉じていたら、いつ終わるのかわからないよ?と4歳児。
じゃぁ携帯のアラームを鳴らそう!と12歳児。

真剣に黙とうについて話し合っていました。そっとその場を離れました。
なんだ、親があれこれ教えることないんだ。息子なりに考えてるんだ・・・感心しました。


ストックホルムにヒーロー現る!


a0346870_16434883.jpg


テロの翌日、ストックホルムの封鎖が解除され被害者の方へのお花やメッセージがたくさん置かれました。セルゲル広場では、パトカーが花で埋め尽くされ、人々は警官に感謝と敬意をこめてハグしたり、握手したりしました。

容疑者が早くに、しかも生きたまま逮捕されたことも大きいとおもいますが
ストックホルムの人たちがヒーローだと認めたのは
テロが起こってすぐ現場に駆け付け、道路を封鎖し、人々が非難するのを助け、その後もずっと何時間も路上で警備していた警察官です。

何も食べずに何時間も働いている警官に、ホットドッグ焼いて配ったり、フルーツを届けたりする人もあらわれました。

批判されることが多い警察ですが、現場の人は正義のために一緒懸命がんばってるんですよね。
ほめられるためにしているわけじゃないけれど、やっぱり認められてよかったと思う。




******


ランキングに参加しています。
クリックお願いします!



instagramでスウェーデンの日々を発信中。

Sumai日刊すまい
もっと、くらしにHappyを!
公式ライターとして執筆中!

[PR]
by MakiMakiMacci2M | 2017-04-15 17:22 | *日記* | Trackback | Comments(0)
a0346870_17204615.jpg

「今日のストックホルムは泣いているみたい」


あんな恐ろしいニュースが飛び込んでから、一日。
友人、知人、親戚、多くの人とコンタクトを取って、「お互い気を付けよう」なんて言い合ったのだけど。
実際には何を?どうやって気を付けるの?とよくわからない。

ヴィクトリア王太子が、テロの現場を訪れ、被害者を追悼し薔薇を備えたときに

---私たちは、この悲劇をどうやって乗り越えるんですか?というレポーターの問いに答えた。

いっしょに!
涙を流しながらも、低い声で短く、たった一言。

庭の手入れをしてみた。


a0346870_15553894.jpg


a0346870_15510943.jpg

外でお友達とサッカーをしている息子を時々見ながら、私は庭の手入れ。
テレビやコンピューターの前に張り付いて、ニュースを見ていても気が滅入るだけだから。

テロがあったこと、被害者のこと、忘れてはいけないことだけれど、庭の手入れをしてたら、変な姿勢で腰は痛いし、土は重いし・・・なんか心がすっと軽くなった感じ。
恐怖にオドオドするんじゃなくて、自分、家族、友人、親戚の命があることに感謝しよう。

ご覧の通り、ウチの庭は手入れが必要で・・・正直どこから手を付けていいのかわかりません。
でも、お隣さんの手入れの行き届いたお庭とは比べず、ウチはウチ!と思うようにしています。
できる範囲でがんばります!


予定通り出かけました。


主人が用意してくれていたサプライズ。シンフォニエッタのコンサートに行ってきました。
まずは、カフェでランチ。

a0346870_16572809.jpg

息子のオーダー、パニーニ
モッツアレラチーズ、ハム、トマト


a0346870_16575720.jpg

Rödspätta ロードスペッタのレムラードソース添え
プレイス(カレイの一種)

カフェやレストランで定番のメニューです。

私は外で食事をするときはたいていお魚料理をオーダーします。
おいしかった!


a0346870_17340099.jpg

ステーキ ペアルネーズソース添え
Bearnaisesås
このソースもカフェやレストランでは定番。

主人のオーダー。ウチでも主人が料理をするときはこのメニューが多いんです。
私は、自分では料理しない、難しい、ようなものを外食でオーダーしますが
主人は、外食でも自分の定番をオーダー。こだわりがあるようです。

感動のコンサート


a0346870_17515367.jpg

コンサートが始まる前
息子のバイオリンの先生に手を振る。
今日は気付いてもらえたよ。先生がたちが上がって
手を振ってくれました。


年に2度、この市にある音楽学校とのコラボでコンサート。
息子のバイオリンのお友達もほとんどがこの学校に通っています。舞台で歌うお友達を見てとても感動したようです。

a0346870_17510657.jpg
休憩中に、お茶もしました。お友達家族とお茶して、楽しい一日でした。

ただ、やっぱり普段と違うのは
警官が多くパトロールしていたこと。

指揮者はストックホルム在住です。
テロが起こった時には、第一回目のコンサートのリハ中だったそうです。

武装警官が数人コンサートホールを警備し、生徒さんたちは怖くて震え上がったけれど

「音楽は世界中のすべての人が理解できる言葉!」とコンサートをやり遂げました。
感動をありがとう。




******


ランキングに参加しています。
クリックお願いします!



instagramでスウェーデンの日々を発信中。

Sumai日刊すまい
もっと、くらしにHappyを!
公式ライターとして執筆中!

[PR]
by MakiMakiMacci2M | 2017-04-14 18:03 | *日記* | Trackback | Comments(0)
恐ろしいテロのニュースが飛び込んでから、24時間経ちました。

トラックを盗んで人々を轢いたと思われる男が逮捕されたと朝のニュースで知りました。ストックホルムの中心から少し離れた私の友人が住む町です。
凶悪犯が友人家族が住む町にいたなんて、ぞっとします。

a0346870_02343602.jpg

ソーシャルメディアが役にたった。


午後3時ごろに、トラックが暴走しデパートに激突。直後に道路は封鎖され、鉄道、バスなども完全にとまった。
徒歩で家やホテルに帰った人もいれば、中心から逃げて地下やガレージで数時間隠れていた人もいるという。

ストックホルムで働いている友人、ストックホルムの中心に住む旦那の従妹の安否を確認したくて
Facebookをチェック。こういうときは、電話回線がパンクしてしまうから電話は控えた方がいいんですよね。

幸いにも、すぐにみなの無事が確認できました。
私が住んでいる街はストックホルムから100㌔ほど離れていますが、買い物や仕事でストックホルムに出かける人も多く、息子の学校から安否確認の連絡がありました。

ピザ屋さんが無料でピザを配ったり、自宅を開放して、家に帰れない人を招いたり。車で送ります!と呼びかけたり。親が帰ってこれない子供たちに、スーパーが食事を提供したりと、助け合おうというストックホルムの人々の行動力には感動しました。

Facebookも便利だけれど、今回一番頼りになったのはTwitter
ハッシュタグ#openstockholmで「ウチに来て休んでください」「車で○○まで行きます。△人乗れます」などのツィートがたくさんありました。


我が家の危機管理プラン


普段は、家と職場の往復だから・・・とあまりものは持ち歩いていません。でも今回数時間も職場や路上で待機していた人が多くいて「我が家の危機管理プラン」を話し合いました。

  • 携帯の予備のバッテリーは常に持ち歩く。
  • Twitterアプリを携帯にダウンロードしておく。
  • 予備の薬を携帯する。
  • 車に水、ブランケット、救急セットを常備しておく。(水は、冬の間は凍ってしまうのでどうしたらいいのかな。)

Twitterは、携帯からは言語設定の変更ができないので、旅行に行く前にその国の言葉(あるいは英語)に切り替えた方がいいかもしれません。
今回の、ハッシュタグ#openstockholmは英語でのツイートはスウェーデン語に比べてとても少なかったし
日本語版のツイッターではほとんど表示されませんでした。





******


ランキングに参加しています。
クリックお願いします!



instagramでスウェーデンの日々を発信中。

Sumai日刊すまい
もっと、くらしにHappyを!
公式ライターとして執筆中!

[PR]
by MakiMakiMacci2M | 2017-04-11 03:42 | 子連れ旅快適術 | Trackback | Comments(0)
こんにちは!

ストックホルムがテロの攻撃にあった!という恐ろしいニュースが飛び込んでから
5時間ほど経ちました。

テロが起こってすぐに、ストックホルム中央駅が封鎖され、道路、商店、会社などが封鎖。
街は不気味に静かなようです。でも、入ってくる情報は少しだけ。
まだまだ恐怖と混乱の中にあります。


ストックホルム中央駅近くのレストランで、トラックの運転手が荷物をおろしていたところを襲われ、トラックが奪われた。トラックの運転手はトラックをとめようとしたものの、トラックに轢かれた。犯人は盗んだトラックで通行人を轢き、デパートに突撃。
このデパートの近くで銃撃があったとの情報もある。

怪我した人たちはただちにカロリンスカ大学病院に運ばれ手当てを受けた。
ストックホルム市内の病院は「緊急体制」を取ったと発表。テロに備えての訓練をしていたとニュースで聞いた。

首相はこの事件を「スウェーデンがテロに攻撃された」と発表。
犯人らしき男が一人捕らえられ、もう一人の容疑者の写真が公開された。

地下鉄もバスもとまっているので、家に帰れない人のために休憩所が何か所か作られた。
残念ながら、3人の命が奪われた。

a0346870_02340381.jpg













******


ランキングに参加しています。
クリックお願いします!



instagramでスウェーデンの日々を発信中。

Sumai日刊すまい
もっと、くらしにHappyを!
公式ライターとして執筆中!

[PR]
by MakiMakiMacci2M | 2017-04-08 03:47 | *日記* | Trackback | Comments(0)

家づくりやアウトドア、手作りで楽しむ記録


by MakiMakiMacci2M