カテゴリ:お味噌作り( 1 )

a0346870_10201163.jpg

ずいぶん前から、やってみたいと思っていた味噌つくり、ついにやりました!
やってみたら、意外に作業はシンプルで簡単!
仕込みに入る前の準備の方に時間がかかりました。

使ったのは、乾燥玄米麹。国産の有機米100パーセント使用だって。大豆は、こちらのスーパーで買ったオーガニックのもの。日本産よりも、小粒です。
塩は、いつも使っている普通の。ピンクのヒマラヤ塩にすればよかったと後悔。
来年は、塩もこだわってみよ。

味噌つくりに至るまで、長い道のり!


味噌を作ってみたい!
もう長いこと、漠然と思ってました。でも、ずっと念願叶わず。
やったことないのと、身近に味噌つくりをしたことある人がいなくて、「味噌つくり」なんて無理だなと思ってました。

それが、去年スウェーデンまで遊びに来てくれた友人二人が、なんと手作り味噌を持ってきてくれたんです。すごいねー。そして、乾燥麹まで、持ってきてくれました。
ありがとね!これで私の味噌つくり熱が一気に加速。

ネットで味噌つくりのコツとかたくさんでてきます。読んでみたら、意外に簡単そう。ただ、味噌を仕込む容器をどうしようか・・・

またまたネットで検索して、やっとスウェーデンでも手に入るモノで味噌つくりをしている方発見!IKEAのプラスチック容器を使って何年も味噌を仕込んでいらっしゃる!やったー!

いつ、作るのか予定を立てます!


もともと仕事が週休2日制ではない(シフト制なので、たまーに10日連続勤務とかもあります!)ため、定期的な休みがなくて常備菜つくりとか時間のかかる家事が不定期になりがち。

味噌つくりも、のびのびになっていて、これはあかん!と手帳とにらめっこして、仕込む日を決定!大豆を水につけたり、やわらかく煮るのは時間がかかるけれど、やってしまえば、放置できるので、とにかく「取り掛かる」こと!(これは自分への教訓です!)

やっと味噌を仕込みました!


a0346870_10052965.jpg

準備に比べたら、大豆、塩、麹、大豆の煮汁を混ぜる作業はあっという間。まるくお団子のようにして容器に詰めていきました。容器は、ホワイトリカーで消毒とありましたので、主人のドライジンを拝借。ドライジンでもよかったのかな。

a0346870_10060169.jpg

日本製のラップで密封して、容器についていた中蓋をして、さらに蓋。
この中蓋を見て、これでお漬物もできるかな・・・と次の目標もできました。

さぁ、お味噌はできるのでしょうか?
ぴっちりと密封するのが、カビを防ぐコツだそうです。大丈夫かな~。














*******

ランキングに参加しています。
クリックお願いいたします!
↓↓↓


*******

Sumai日刊すまい
もっと、くらしにHappyを!
公式ライターとして執筆中!


*******

Instagramやってます。
Macky@makimakimacci


[PR]
by MakiMakiMacci2M | 2016-04-05 09:51 | +味噌つくり

家づくりやアウトドア、手作りで楽しむ記録


by MakiMakiMacci2M