カテゴリ:子連れ旅( 2 )

3月にロンドン行ったときに、3つの失敗をしました。失敗というか・・特に大事にはいたりませんでしたが
かなりあせりました。その3つの失敗のうちの一つがスーツケース。

a0346870_04552113.jpg


スーツケースのサイズ確認はしっかりと!


最近、預けるスーツケースの大きさや重さが特に厳しくなっています。ヨーロッパ内のフライトだと
スーツケースは別料金がかかる航空会社もあったり、サイズや重量が少しでもオーバーすると追加料金がかかることもあります。

チケットを手に入れたら、そこにある手荷物についての情報をしっかりチェック!
私は、Eチケットですが、受託手荷物2つ。機内持ち込み1つ。とありました。

チケットにある情報とサイトにある情報をよく読みましょう。

グレード(エコノミーとか、ビジネスとか)にもよって違うし
目的地によっても違うことがあります。
わからないことがあれば、FacebookやTwitterで質問ができます。便利ですね。


フィンエアーの日本のサイトには、こうあります↓

最大外形寸法(長さ+幅+高さの合計)158cm、重量23kgまでの手荷物1個。たとえば楽器、ゴルフ用品など、これらの寸法以下の特殊手荷物1個も、手荷物1個として数えます。さらに、220cm以下のスキー用品も手荷物1個として数えます。

  • 機内持込手荷物1個、最大寸法56cmx45cmx25cm(22インチx18インチx10インチ)
  • 小さなハンドバッグ、ラップトップバック、小型のバックパックなど、お客様の前の座席下に収納できる身の回り品1個:最大外形寸法40cm x 30cm x15cm(16 x 12 x 6インチ)
  • 最大合計重量8 kg(17.5 lb)まで

受託手荷物、いわゆるチェックインするスーツケースに関しては、製造元も販売している店舗もサイズはきちんと把握していると思います。
でも、キャリーケースはサイズは本当にまちまちです。実際に私が一つ持っているものは、国内旅行用だそうで、サイズが大きいのです。

ロンドンに行くときに、いつも使ているキャリーケースだから・・・とサイズを測らずにパッキングしてました。
息子のバイオリンを持っていく予定だったので、バイオリンのケースをメジャーで測っていて、息子がついでに・・・とキャリーケースを測ってみたら
なんと10センチオーバー。

慌てて、中身を入れ替えました。

そして、チェックインするスーツケース。サイズは問題ないのですが、出発ぎりぎりで、さぁ鍵をかけよう!と思ったら
鍵が入るけれど、まわらない。何度やってもだめ。

出発時間は迫っているし、あせって大急ぎで、一つ小さいサイズのスーツケースに入れ直しました。
荷物は少なかったので、すぐにできましたが
日本へ帰るときだったら、かなり大変だっただろうなぁ・・・




スーツケースの鍵は、スーツケースで保管しよう!


a0346870_07230961.jpg

ウチには、家、車、ボート、隠れ家以外の鍵は、プラスチックのかごにほりこまれています。
自転車の鍵のスペアキーや、南京錠とか。今回、すべて取り出して、チェックしました。

a0346870_07301280.jpg


どこの鍵なんか、わからないものもたくさんあって、とりあえず1年保管することにしました。一年後に処分しようと思います。
そして、使うものは、ラベルをして整頓しました。

で、私がスーツケースの鍵だと思い込んでいたものは、たぶん以前盗まれてしまった自転車の鍵だと思います。
他の自転車の鍵とよく似ています。

スーツケースの鍵はかごのなかにありました。はー、よかった。

この話をFacebookで投稿したら、数人の友人もスーツケースと鍵にまつわる失敗談を披露してくれました。
ギリシャにバケーションに行ったら、鍵をなくしてスーツケースをカットしたこと。
新しいスーツケースを買って、自宅に戻るとテーブルの上に鍵があったとか。

もう一人の友人は、スーツケースの鍵を3度もなくしたとか。


みなさんもやるな。


旅行中は、荷物も多いし、普段持ち歩かない鍵だからやはり気を付けるべきですね。
キーホルダーをつけて忘れたり、落としたりしてもすぐに気づくようにしました。

他の鍵と一緒に保存する必要はなく、スペアキーも一緒にスーツケースの内側にマスキングテープで張り付けました。


今まで、受託手荷物は一人一つ、23キロまでだったと記憶しているのですが、今回は一人二つ。

23キロ×4つ?そんなに持てるの?
いやー、そこまで買い物はしないけれど・・・

息子のバイオリンを一つを数えるので、一人二つ持てるなら、とってもうれしい。






******


ランキングに参加しています。
クリックお願いします!



instagramでスウェーデンの日々を発信中。

Sumai日刊すまい
もっと、くらしにHappyを!
公式ライターとして執筆中!

[PR]
by MakiMakiMacci2M | 2016-11-03 00:00 | *子連れ旅* | Trackback | Comments(0)
息子の学校の冬休みに合わせて、2週間日本へ帰ります。今回は息子と私の二人だけ。
うさこ姫もいるし、主人は一人で留守番です。クリスマスとお正月・・・ちょっとかわいそうだけどね。


ニュースレターで、キャンペーンを逃しません!


a0346870_02364080.jpg

冬休みのハイシーズン、チケットすごく高いんじゃない?」と何人かに聞かれましたが、
そんなことはなくて、今までで一番安かったかも。

この10年、日本へ帰るときにはフィンエアーを利用しています。いろんな理由からフィンエアー以外を利用するつもりはないので(かなり気に入ってる理由はまた今度)

正直、てきぱきと仕事や家事をこなすことができないので、いつもあたふた。今日と明日のことで頭がいっぱいです。
数か月後の旅行の計画なんて、とても無理なタイプ。
まわりが休暇の予定で盛り上がるころにあわてて検索して、残念ながらチケット売り切れ・・・と出遅れることもよくあります。

でも、日本へ帰ることは私たちとって、重要なことです。息子にとっては第2の故郷だし、おばあちゃんやおじさん、おばさん、従妹たちと会う機会をなるべくつくってあげたい。私にとっては、スウェーデンでがんばっている自分へのご褒美。

それで、フィンエアーのニュースレターをチェックしています。
自分でサイトを時々チェックしなくても、メールでキャンペーンのお知らせが届くのでとっても便利です。

私は日本への旅行が一番大切なので、航空会社はフィンエアー1つだけのニュースレターにしています。
多くのニュースレターが届くと、結局読まないことが多くなって、見逃してしまうこともあります。できれば、1-2社に絞るのが理想。


ハイシーズン、ローシーズンなんてもうないの?


私がバックパッカーデビューした20年前?!は、旅行者が少ない2月ごろをローシーズンと呼び、かなりチケットが安かったのを覚えています。
ゴールデンウィークや夏休みのハイシーズンは、同じ目的地でもかなり高かったな。

でも5、6年前からいつ日本へ帰省しても、飛行地の座席はほぼ満席。
おそらく、キャンペーンをすることで、価格を下げて空席を極力減らして運航するという方針なんだろうな。

旅行会社のパック旅行ではなくて、航空会社からチケットだけを買う場合に限ってですが
たぶん、もうハイシーズンとか、ローシーズンなんてないと思う。

フィンエアーのキャンペーンはいつも目的地ごと。
9月にあったキャンペーンは、「○○日までに予約すれば、日本の都市まで△△クローネ(スウェーデンの通貨)~」というものでした。

出発日と帰国日は自由に選べます。ただし、出発と帰国日によって価格が違います。
私が予約したときには、たしか12月22日の出発だと一万円ほど高かったような・・・

以前はローシーズンと言われていた2月の価格を見ても、とくに安くはない。やっぱり出発の日によって違います。
だから、キャンペーンを逃さないことが大切!

私は、9月にフィンエアーのニュースレターで日本へのチケットのキャンペーンを知りました。
その日の夜に家族会議、次の日に職場に休暇の申請をして
ニュースレターを見てから、24時間以内にチケットを予約しました。

自分でも素早かったなと思いますが、それでももう座席はうまってきていました。


価格比較サイトの便利サービスを利用する!



現在、息子小学4年生。学校を休んで旅行はできなくなりました。
でも、息子が小さかったときにはいつでも帰省OKでした。

そのときに、利用して便利だったのが、こんなチケットやホテルの価格比較サイト↓

KAYAK

MOMONDO

SKYSCANNER

AIRFAREWATCHDOG



私のように目的地は決まっているけれど、出発はとくに指定なしという場合

KAYAKとAIRFAREWATCHDOGにあるアラートというサービスが便利です。


目的地を選んで登録すると、価格が下がったらメールでお知らせしてくれます。もちろん、無料。


このサイトも、気に入ったところ1つだけ利用でOKです。

情報量が多すぎると、逆に不便です。サイトやニュースレターも断捨離!



日本-スウェーデンのフライトについて質問をいただくことが多いので

今回の帰省の準備をしっかり記録したいと思います。


仕事、家事、育児、がんばってるからこそ、楽しむこともしっかりしたいですね。参考になれば、うれしいです。





******

このブログ内の画像の無断使用を禁止します。



ランキングに参加しています。
クリックお願いします!



Sumai日刊すまい
もっと、くらしにHappyを!
公式ライターとして執筆中!

[PR]
by MakiMakiMacci2M | 2016-11-02 03:35 | *子連れ旅* | Trackback | Comments(2)

家づくりやアウトドア、手作りで楽しむ記録


by MakiMakiMacci2M