カテゴリ:私のお仕事・発達障害児のための環境作り( 3 )

a0346870_07084112.jpg


4月は本当に、たくさんの涙を流した。
仕事に行くのが苦痛で、通勤途中でいつもお腹が痛くなった。
職場のドアを開けるの前、うぇっと吐きそうになりながら大きく息を吸い込んで
がんばれ!がんばれ!がんばれ!と言い聞かせて、歯を食いしばった。

2年間、同僚Aからひどい仕打ちを受けてきた。もともと、強い性格の持ち主で、自分が正しいと強い自信を持ってて
ミスをした同僚には、罵声を浴びせる。ミスじゃなくても、彼女の早とちりということもよくあるし
彼女と異なる意見を持つ人に対しても容赦ない。

とにかく、言い方がキツイ。
大声で、怒鳴る。

彼女に抗議して、激しい言い合いになって、結局は職場をやめた同僚が3人いる。
私はその3人と仲がよかったから、一人彼女のターゲットとして残された感じ。それが2年前。

耐えられなくなって、上司に「職場をかわりたい」とメールした。
他の職場にあきがあったので、すぐに異動が決まった。

夏休みに申請もしたし、異動は夏休み明けかな・・・と思っていたら
5月1日から。びっくりしたけれど、ほっとした。

異動が決まってから、彼女とはまったく顔を合わせていない。気持ちがずいぶん軽くなった。
新しい職場については、不安もあるけれど、今の職場を離れられる安心感の方が大きくて気にならない。

5月から、またがんばろうと思う。



******


ランキングに参加しています。
クリックお願いします!



instagramでスウェーデンの日々を発信中。

Sumai日刊すまい
もっと、くらしにHappyを!
公式ライターとして執筆中!

[PR]
by MakiMakiMacci2M | 2017-04-29 03:46 | *私のお仕事・発達障害児のための環境作り | Trackback | Comments(0)

a0346870_17035864.jpg

お子さんは携帯持っていますか?

ゲームにのめり込んだり、ながらスマホとか心配な面もありますね。私は5年生まで携帯は必要ないと思ってました。でも、息子が3年生になったときに息子にあまいパパがIphoneを買い与えました。

ゲームばかりするんじゃないかな?とか学校でトラブルとかあるんじゃないか?と心配しましたが、今のところ問題なし。そして、やっぱり便利!


*******

写真は、息子のIphoneのアラームの設定です。


朝起きる時間
学校に行く時間
おやつの時間
バイオリンの練習をする時間
シャワー・お風呂の時間
消灯時間

と設定してあります。

息子は日本語の読みが苦手なので、スウェーデン語で設定してあります。
平日だけ、週末だけ、毎日、曜日ごとに・・・と設定できるのでとっても便利です。

朝や、夜は親の私たちも家にいるのですが
私ががみがみと「○○しなさい!」と言うよりも、自分でやってほしいんです。
その方がずっと気分がいいし、お互いに。

何かに夢中になって、しなくてはいけないことを忘れてしまう・・・というのはよくあることだと思うんです。私だってあります。
どうしても嫌だからやらないのではなくて、忘れてる。だから親から「○○やったの?」と言われると、「やろうと思ってたのに・・・」とやる気をなくしますよね。それを避けたいんです。


*******


私は発達障害を持つお子さんの環境を整える仕事をしています。
息子が小さいときから、息子との生活の中からアイディアをもらうことはたくさんありました。今では、息子にアドバイスをもらうこともよくあります。

ある人に「息子くんには必要ないでしょう。窮屈そう」と何年にも渡って言われていましたが、これだけは曲げられません。

共働きで、近くに面倒をみてくれる家族もいない。
シッターさんを雇うお金もない。
息子が学童が嫌いで行きたがらない。

そして、やっぱり自立してほしいという強い思いがあるので
親がやってしまえば、早いことの方が多いけれど、自分のことは自分で!

仕事で遅くなるときに、あわてないように、毎日自分のことは自分でやっていれば安心です。

発達障害のあるなしに関わらず、きちんと整頓された環境で
規則正しい生活を送ることは、誰にとってもプラスになることだと思っています。




*******

ランキングに参加しています。
クリックお願いいたします!
↓↓↓


*******

Sumai日刊すまい
もっと、くらしにHappyを!
公式ライターとして執筆中!


*******

Instagramやってます。
Macky@makimakimacci


[PR]
by MakiMakiMacci2M | 2016-08-03 18:54 | *私のお仕事・発達障害児のための環境作り | Trackback | Comments(0)

私のお仕事の話です。
何か月か、計画してやっとこのベッドにたどり着きました。

ぱっと見たところ、普通のベッド。シングルサイズで、普通のベッドを利用しています。

a0346870_06214131.jpg

ベッドヘッドが大きな箱のようになっているのが、わかりますか?

a0346870_06205657.jpg

お布団、枕などを取り除き、ベッドを持ち上げると、このように、ベッドを仕舞うことができます。
ベッドを取り出す際には、左右にある鍵を同時に使うことが必要です。

a0346870_06193589.jpg

発達障害児の強いこだわり対策です。


私がこのベッドを提案したのは、発達障害のお子さんを預かるショートステイ施設です。ベッドやソファを見ると、その上で飛び跳ねてしまうお子さんがいます。夜も眠らずに飛び跳ねてしまうので、ベッドを使わず、マットレスのみで寝ているそうです。

でも、ショートステイのためいろいろなお子さんを預かるので、まったくベッドなしというわけにはいかず、そのときに預かるお子さんによってベッドを運び込んだり、職員たちはとても大変な作業を強いられていました。

このベッドは持ち運ぶ必要がなく、楽にべッドを収納できます。ベッドを使わない子には、ベッドを収納して、マットレスを床に敷きます。

収納ベッドの中では、これが一番!


いろいろ収納できるベッドはありますが、ベッド自体を折りたたむものばかり。ベッド自体が弱く寝心地が悪そうで
マットレスの強度も心配です。

このベッドは、普通のシングルベッドを使っているので、寝心地はいいはず!
ベッドをすっぽり囲むケースは、とても大きいのですが、天井までのケースなので、子供がよじ登ることもなさそうです。

子供たちが安眠できますように!




*******

ランキングに参加しています。
クリックお願いいたします!
↓↓↓


*******

Sumai日刊すまい
もっと、くらしにHappyを!
公式ライターとして執筆中!


*******

Instagramやってます。
Macky@makimakimacci


[PR]
by MakiMakiMacci2M | 2016-02-07 07:24 | 私のお仕事・発達障害児のための環境作り | Trackback | Comments(2)

家づくりやアウトドア、手作りで楽しむ記録


by MakiMakiMacci2M