カテゴリ:和食( 2 )

2月3日節分。


日本から遠く離れたスウェーデン在住の我が家も恵方巻を食べて、豆まきをしました。

残念ながら、サーモンの刺身が手に入らなかったので、エビ、チキンのから揚げ、アボカド、とびこのお寿司です。



a0346870_11272798.jpg

自分で、好きなものを巻いてもらいました。息子は、チキンのから揚げ、マヨネーズ、アボカド、とびこ。お寿司大好きなので、早く食べたくってたまりません。
ご飯を綺麗に海苔の上、端まで伸ばして!と言っても、もう早く食べたいの!!だって。

ぐるっと巻いて、上手にできました!

a0346870_11291898.jpg

a0346870_11321920.jpg

パパも挑戦。どうやって巻くの?と聞かれたので、ほら、ロールケーキを巻くみたいにするの!と答えたら、
全く参考にならない答えだ!ロールケーキなんて作ったことない!と呆れられました。
でも、まぁうまくできたんじゃないかな。

a0346870_11332832.jpg

a0346870_11334863.jpg

みなで、南南東を見て、黙って食べました。

そして、豆まき!でも、パパは鬼になりたくないんだって。
でも、普通日本ではパパさんたちが鬼になるんだよ!と無理やり。無事豆まき完了。

日本の行事を取り入れたい!


息子の日本語教育のため、日本の行事も取り入れたいと思っています。できる範囲で。
ただ、日本の行事を思い出すのは、私の記憶だけが頼り。カレンダーはスウェーデンの祝日しか書いてないし、日本のテレビをあまり見れないのでCMを目にすることもありません。

節分は恵方巻作ろう!と考えてはいても、当日になるとすっかり忘れてしまう。➡大好きブロガーさんのところで、節分だったと知る。➡撃沈。という残念な私。


でも、2016年は、ちょっと予定表を工夫しました。A4のノートに、マンスリーの予定表を張り付けて、日本の祭日を赤で書き入れました。

これを毎朝見るようにしています。
そのおかげで、今日2月3日が節分だということを再確認できました!

今日は、息子の習い事もなく、パパの残業もなくゆっくり食事ができてよかった。でも、パパが息子の学校のPTA会をすっかり忘れていました。開始一時間前に思いだすという脅威の記憶力!


*******

ランキングに参加しています。
クリックお願いいたします!
↓↓↓


*******

Sumai日刊すまい
もっと、くらしにHappyを!
公式ライターとして執筆中!


*******

Instagramやってます。
Macky@makimakimacci


[PR]
by MakiMakiMacci2M | 2016-02-04 12:02 | スウェーデンで和食

週末の常備菜づくり。

おはようございます!

土曜日は息子のフロアーボールの試合で、少し遠いところまで行きました。と言っても市内なんですが、北の端の我が家とは逆方向の南の端にあるところなので、普段は全く行かない地域です。

大きなアジア食材店があるので、寄ってみました。こういうお店は値段が割高なのと鮮度に難ありなので、あまり利用しません。最近は、スーパーでもアジアの食材が手に入るしね。

a0346870_13082804.jpg

でも、こんな立派なもやし見つけました!うれしー!
スーパーでも売ってますが、これとは比べものになりません。
何つくろか・・・もやし大好きです。


常備菜*もやしのナムル*を作りました。


a0346870_13134018.jpg

ググって見つけたレシピで使う材料が、なんと家にすべてあったんです。これはすっごくめずらしいこと。
トウバンジャン?でいいのでしょうか・・・これもアジア食材店で買いました。
a0346870_13132075.jpg

a0346870_13124449.jpg

茹でたもやし、きゅうり、ハムと調味料を混ぜるだけ。


スウェーデン版きゅうりのきゅうちゃん


a0346870_13090132.jpg

レシピは
こちらです。
去年の夏に日本からお友達が遊びに来てくれて、そのときにウチにあった食材で、作ってくれました。バルサミコ酢を使っているんですよ。

すばらしすぎ。
スウェーデンの大きいきゅうりを使って、どーんと作りました。


ビバ、スウェーデンのワンプレート!


スウェーデンの食生活、結構質素です。働く女性がとても多いことと、歴史的に野菜が育たない場所だったこともあり、*私の大胆な推測です
野菜の調理法が限られているというか根付いてないというか。

野菜と言えば、茹でた人参やブロッコリーか、サラダ・・・
すっごいかしこまったディナー以外では、いつもワンプレートです。洗い物も少なくていいんですよ。

茹でたじゃがいも、メイン、そしてソースというシンプルすぎる、食事。

恥をしのんでカミングアウトしますと、白いごはんに、野菜炒めという食事でもウチの旦那と息子は、大喜びで食べます。ご馳走に大変感謝して。

時々、手抜き主婦を恥じることがありますが、仕事でくたくた&時間がないときは、無理せず。スウェーデン式ワンプレートディナー。無理してたら続かんでーと、自分に言い聞かせて。正当化しております。


でも、やっぱり日本らしさとプラス!


ワンプレートディナーの、一点豪華主義?なスウェーデンの食卓。
食べるお肉の量がすごく多いんです。楽だけど、もっと野菜を取りたい。バランスよく食べたいしね。

a0346870_09053080.jpg

だから、常備菜が活躍しています。日本の100均で買ってきた小鉢に入れて、出しています。これ↑はセロリと人参のキンピラ。

息子はともかく、パパは普段からあまり野菜を食べないし、自分で取るスタイルにすると、ほんとに全くと言っていいほど手をつけません。困ったもんです。

だから、一人一つ!小鉢に少し盛り付けてハードルは低く。


どこにも出かけずに、家仕事!癒されます。


週のはじめに具合が悪くて、学校を休んだ息子。すぐ回復して、学校でも元気に過ごしていたようです。土曜にはフロアーボールの試合にもでましたし。

私は、買い物に出かけたかったけど、次の週に備えてエネルギーチャージ!日曜日はゴロゴロしました。インフルエンザや胃腸風邪が流行っているので、ショッピングモールなんか行くと何かもらってきそう。

パパと息子で、なんだかアイスホッケーの試合を見て盛り上がってました。で、私は常備菜作り。日本のテレビ見ながら。至福の時。

野菜を切る単純作業に、とっても癒されました。


*******

ランキングに参加しています。
クリックお願いいたします!
↓↓↓


*******

Sumai日刊すまい
もっと、くらしにHappyを!
公式ライターとして執筆中!


*******

Instagramやってます。
Macky@makimakimacci


[PR]
by MakiMakiMacci2M | 2016-02-02 23:23 | スウェーデンで和食

家づくりやアウトドア、手作りで楽しむ記録


by MakiMakiMacci2M