警察がヒーローになった!

a0346870_16161686.jpg

スウェーデン全土で、ストックホルムテロの被害者の方を追悼し、黙とうしました。
息子は友達と公園で遊んでいたのですが、ちょうどお昼ごはんだし・・・息子を呼びに行きました。
4歳から12歳までの男の子たちが、公園の真ん中で円陣を組んでいました。
みなで黙とうするんだ!と15分も前から準備しています。

時間になったら静かにして目を閉じるんだぞ!と息子。
目を閉じていたら、いつ終わるのかわからないよ?と4歳児。
じゃぁ携帯のアラームを鳴らそう!と12歳児。

真剣に黙とうについて話し合っていました。そっとその場を離れました。
なんだ、親があれこれ教えることないんだ。息子なりに考えてるんだ・・・感心しました。


ストックホルムにヒーロー現る!


a0346870_16434883.jpg


テロの翌日、ストックホルムの封鎖が解除され被害者の方へのお花やメッセージがたくさん置かれました。セルゲル広場では、パトカーが花で埋め尽くされ、人々は警官に感謝と敬意をこめてハグしたり、握手したりしました。

容疑者が早くに、しかも生きたまま逮捕されたことも大きいとおもいますが
ストックホルムの人たちがヒーローだと認めたのは
テロが起こってすぐ現場に駆け付け、道路を封鎖し、人々が非難するのを助け、その後もずっと何時間も路上で警備していた警察官です。

何も食べずに何時間も働いている警官に、ホットドッグ焼いて配ったり、フルーツを届けたりする人もあらわれました。

批判されることが多い警察ですが、現場の人は正義のために一緒懸命がんばってるんですよね。
ほめられるためにしているわけじゃないけれど、やっぱり認められてよかったと思う。




******


ランキングに参加しています。
クリックお願いします!



instagramでスウェーデンの日々を発信中。

Sumai日刊すまい
もっと、くらしにHappyを!
公式ライターとして執筆中!

[PR]
by MakiMakiMacci2M | 2017-04-15 17:22 | *日記*

家づくりやアウトドア、手作りで楽しむ記録


by MakiMakiMacci2M