【車の移動を快適にしたい】薬がなくても大丈夫!乗り物酔がすぐに回復する法。


a0346870_07070342.jpg

友だち家族とストックホルムから北へ300㌔ほどのヘルシングランドに行ってきました。

主人と友人のオットーさんはゴルフしたいと、一日前に出発。私と息子は、オットーさんの奥様ブリッタさんの車に乗せてもらいました。
久しぶりに会ったのでブリッタさんと話が盛り上がり、ふと後部座席の息子を見るとなんか様子が変。
どうしたの?と聞いたら、もう気持ち悪くって口が聞けないほど。で、吐いてしまいました。

小さいときは車酔いしていたけれど、この数年は全く酔わななかったので油断していました。私は幼稚園のときから車酔いがひどくて、
酔い止め薬を飲むととても眠くなって2-3日くらくらするし、長距離バスに乗るのが怖いんです。

息子が吐いてしまって、私はオロオロしてただけなんですが、ブリッタさんの車酔い対応がすごかったんです。
さささっと、息子の気分回復!

ブリッタさんに教わった車酔い対策お教えします!



今回の乗り物酔いの原因を考えてみた。

車に酔うと、もちろん気持ち悪くて大変だし、どっと疲れるし、脱水症状にもなることがあります。
それに「気持ち悪くなった」という恐怖心が残るというか、トラウマになるんですよね。

今回の乗り物酔いの原因を考えてみました。

  • 少し寝不足だった
  • 出発前に食事した
  • 慣れている車ではなかった
  • 父親がいなかった


  • 息子は小さいときから外出するとパパにべったりでした。家族で買い物に行って、パパだけ違う店に入って後で合流・・・なんてときには、ずっと「パパはどこ?」と不安そうです。安心するんでしょうかね。家族で出かけるときはいつも主人が運転担当だし。

    そして、いつも乗っている車じゃなかったのも、結構大きな要因だと思います。車に乗っていて私も感じましたが、ブリッタさんの車、上下によく揺れました。
    カーブもありましたが、揺れは上下がひどかったな。

    帰りは主人が運転する車で帰りましたが、揺れはほとんど感じませんでした。どっしりとした車で、車高が低いというのもあるのでしょう。それに、車酔いの大きな原因は、不規則な揺れにあるんです。不規則な加速や減速も酔いの原因になります。


    車酔いしたら


    息子が車の中で吐いてしまって、車を止めました。ブリッタさんが出してきたのが


  • ペットボトル入りのミント水(飲めるけれど、口をすすいだり、手を洗うため)
  • ごみ袋
  • ティッシュやウェットティッシュ
  • ラベンダーのオイル

  • 手や顔をミント水で洗い、口をすすいだら氷を口に入れます。これで息子はしゃっきとすっきりしたと言います。
    ラベンダーのオイルを数滴たらして手の平を優しくマッサージ。手首の内側をギュッギュッと押しました。このツボマッサージ、結構効きます。

    ラベンダーのいい香りで、リラックスできたし、ミントのさわやかな香りで嫌な臭いを撃退!
    車を止めてからすぐ回復したので、ちょっと休憩していったほうがいいんじゃない?って思ったんですが
    すぐ出発しても大丈夫でした。

    車で出かけるときには、しっかりと車酔い対策を忘れないようにします。


    ******


    Sumai日刊すまい
    もっと、くらしにHappyを!
    公式ライターとして執筆中!


    instagramでスウェーデンの日々を発信中。


    ランキングに参加しています。
    クリックお願いします!




    [PR]
    トラックバックURL : http://sverigeliv.exblog.jp/tb/237536121
    トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
    by MakiMakiMacci2M | 2017-08-13 07:14 | 子連れ旅快適術 | Trackback | Comments(0)

    スウェーデンで仕事に育児に奮闘中。忙しくても、毎日を楽しく過ごしたいワーキングマザーの夢実現ログ。


    by リンドウ マカ