【ヘルシングランドで過ごす週末】ヘルシングランドの装飾農家初体験。世界遺産並みの内装に大感動!

おはようございます!
夏休み最後の週末になりました。ちょっとしんみりとしてしまいますが
楽しかった夏休みを思い返して、来週からまた頑張る元気をチャージしています。


主人の小学生のときからの親友がご両親から受け継いだ古い農家に遊びに行ってきました。

a0346870_21351144.jpg

雨が降ってきて、途中で息子が乗り物酔いしてしまったので外の景色を楽しむどころじゃなかったんですが
舗装もされていないデコボコの田舎道を進んでいくと、こーんな素敵なところにたどり着きました。

a0346870_20511913.jpg
2つある建物の右側がお家。
左は作業場。

a0346870_20514907.jpg
素敵な玄関ですね。
ドアの上の方にある飾りはこの地方の伝統で、地域や家によって模様が違います。


a0346870_16564065.jpg
建物も古いけれど、時計も古い。
スウェーデンは昔壁紙がとても高価だったために、ペンキで壁に絵を描いていたそうです。

a0346870_16560093.jpg
a0346870_16554580.jpg
a0346870_16562554.jpg
昔実際に使われていた農具がまだあります。

a0346870_16561535.jpg
a0346870_16563145.jpg
a0346870_16562050.jpg
昔のスウェーデン人はごろんと横にならずに、座った状態で寝ていたそうです。


完全に横になると、体の中の液体が悪い気と混ざる・・・と考えられていたそうです。そういえば以前、スチュワーデス刑事というミステリードラマの中で、同じようなこと言ってたな。
人気作家役の陣内孝則が「昔イギリスでは、完全に横になって寝ることは死につながると信じられていた」と、これがミステリーを解くカギにもなったんですよ。

懐かしい。あのドラマシリーズ好きだったなぁ。


素敵な古い農家をそのまま残していて、すごいなぁと思ったのですが
次の日、みなで近くの博物館に行ったらびっくり。博物館と友人の所有する建物は、ほぼ同じ年代に立てられたようで、家の作り、間取りなども酷似していました。
博物館のガイドさんの解説を聞いてさらにびっくり。
見学したヘルシング農家群 オル アンデスの家は世界文化遺産に指定されています。

友人のお家も世界遺産に申請できるんじゃない?
そしたら、ここでガイド役する?

みんなでこの近くに引っ越しちゃう?なーんてワイワイと妄想タイム。
夏の間だけ、ヘルシングランドで日本語ガイドやろうかなーなんて考えちゃいます。




******


Sumai日刊すまい
もっと、くらしにHappyを!
公式ライターとして執筆中!


instagramでスウェーデンの日々を発信中。


ランキングに参加しています。
クリックお願いします!






[PR]
トラックバックURL : http://sverigeliv.exblog.jp/tb/237520791
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by まる子 at 2017-08-12 01:24 x
いいところですね!いつかスウェーデンに遊びにいきたいです
Commented by bayswater92 at 2017-08-12 03:30
こんばんは!アンです。
すごい、昔のものが素敵に残ってるんですね~。
壁紙が高価だったから絵を描いた、ってその方がなんだか素敵。
トランクやランプシェードも素敵で見入っちゃいました♪
スチュワーデス刑事、私も好きでよく見てました!!
でもその回は覚えてないので見てないかも・・。
座って寝るって今考えると心配だけど、その頃はそういう習慣だったんですね。
もうスウェーデンは夏休みも終わりなんですね~。
Commented by MakiMakiMacci2M at 2017-08-12 06:07
> まる子さん
ぜひぜひ!スウェーデンに遊びに来てくださいね。
Commented by MakiMakiMacci2M at 2017-08-12 06:09
> アンさん
本当、昔のものが残ってて、どこを見ても素敵でした。
壁に絵を描く職人さんがいたんですって。アンさんも、スチュワーデス刑事すきでしたか!!!
座って寝るって・・・寝返りが打てないし、なんか疲れが取れそうにないんですけどね。

スウェーデンはもう、夏休み終わりです。はぁぁ。
by MakiMakiMacci2M | 2017-08-11 18:50 | ちょっとそこまで、おでかけ | Trackback | Comments(4)

スウェーデンで仕事に育児に奮闘中。忙しくても、毎日を楽しく過ごしたいワーキングマザーの夢実現ログ。


by リンドウ マカ